居酒屋のジャンル

居酒屋のジャンル記事一覧

学生の居酒屋

さて、その他に、居酒屋にまつわる話題をいくつかご紹介しましょう。まずは、大学生のための居酒屋です。大学生が重視する居酒屋は、「価格」、これに尽きるでしょう。そして、多少騒いでも怒られない程度の居酒屋が望ましいです。実際、大学生のグループは、これみよがしにお酒を飲んで、飲んで、飲みまくります。そして、あたりまえですが、酒に酔いつぶれて、トイレに駆け込むことになります。このような光景は、多くの大学生が経験してきたことのある、いわば日常茶飯事なのです。さて、こういうことがしたい大学生は、どのような居酒屋をチョイスすればよいのでしょうか?これは、大きなチェーン店居酒屋、これに尽きます。他の居酒屋では、...
続きはコチラ

サラリーマンの居酒屋

一方で、サラリーマンの居酒屋について考えてみましょう。サラリーマンの多くは、知己と飲むために居酒屋を探します。会社の仲間であったり、旧知の友達であったり。彼らは雰囲気なんて本当は求めていません。そんな彼らにおすすめするのは、元祖居酒屋「赤提灯」です。なんの気兼ねもなく、お金もそんなに使わずに、ずーっと飲める場所が「赤提灯」です。赤提灯では、飲み仲間といわれる、その場限りの友達がいることも魅力のひとつです。若者の喧噪にまきこまれることも少なく、かつ、おいしい料理とお酒が楽しめる店、それが赤提灯居酒屋なのです。また、もうひとつのおすすめは、個人で経営されている赤提灯以外の居酒屋です。 これは、ほん...
続きはコチラ

居酒屋・女子会

いま居酒屋では年々増えてくる女性客をターゲットにして、店の雰囲気作りやメニュー構成に力を入れている店が多くなっています。なかでも「女子会」と称する女性だけのグループに対しては特に熱い視線を注いでおり、サービスにはいろいろ工夫を凝らしているようです。その一環として、このところ個室を設ける店が多くなっていますが、これも女性だけで落ち着いた雰囲気のなかで楽しんでもらおうという店側の意図なのではないでしょうか。【いま居酒屋は女性客獲得のために様々な趣向を凝らしている】繁華街を歩いていると、【個室居酒屋」とか「個室多数あります」などと書いた看板をよく目にします。最近特に多くなったこうした看板ですが、以前...
続きはコチラ

居酒屋・サラリーマン

サラリーマンをその行動パターンから眺めたとき、「この人種は仕事帰りによく飲み屋に寄る動物である」というふうにて定義づけることができるのではないでしょうか。そう言えるほど、サラリーマンには仕事が終わってもまっすぐ家に帰らず、その前に飲み屋に立ち寄ることを習性にしている人が多いのです。なぜでしょうか。夕飯と家族が待っている我が家へ、なぜすぐに帰らないのでしょうか。飲み屋に立ち寄ることは家に帰ることより意味があることなのでしょうか。こういうふうに問うと、おそらく多くの人は「そうだ」と答えるに違いありません。同じ飲むにしても、家で飲むより、外で飲む方がよほど楽しいからではないでしょうか。【サラリーマン...
続きはコチラ

居酒屋・学生

居酒屋の客には学生のグループがつきものです。特にクラブやサークルの夜の集いには居酒屋は無くてはならない場所です。事故が起ったせいで、今では少し下火になっていますが、居酒屋での学生グループの”一気飲み”は欠かせない風景と言ってもいいでしょう。特に運動部のグループは威勢がよく、その元気一杯の声は、館内全体にとどろきわたるほどです。まさに居酒屋にはぴったりの風景ではないでしょうか。でも、なぜ居酒屋には学生がよく集まるのでしょうか。それはなんと言っても料金が安いからではないでしょうか。特に学生がよく集まる地域にある店などでは、料理全品280円均一などとうたった店もあります。これだと安いだけではなく、非...
続きはコチラ

居酒屋・おひとりさま

居酒屋には”賑やかな場所”と言う一つのイメージがあり、どちらかと言えば一人で行くよりグループで行くのにふさわしい場所であるようにも思えます。でも居酒屋にはカウンター席がある店もたくさんあります。そうしたところなら、いわゆる”おひとりさま”の客にとっても、なにも場違いではないでしょう。いまはちょっとした”おひとりさま”ブームになっています。でもこのブームは、いま増加の一途をたどっているいわゆる「1人世帯」を指しているのではありません。今ブームになっている「おひとりさま」というのは、行動パターンを指しているのです。つまり一人で食事をしたり、飲みに行ったりすることを指しているのです。これは男性だけで...
続きはコチラ

居酒屋・ノミニケーション

サラリーマンの楽しみはなんと言っても”仕事帰りの一杯”ではないでしょうか。中にはこの楽しみがあるから辛いサラリーマンが続けられるのだ、という人さえいるようです。一緒に行く相手はいろいろで、仲の良い同僚とか、同じ部署の上司とか、あるいは気の置けない間柄の部下とか、様々な組み合わせになるのではないでしょうか。中でも一番気楽なのは仲の良い同僚と一緒のときではないでしょうか。お互いに気心もよく知れていて、なんでも言いたい放題で楽しいこと請け合いです。また上司と一緒のときは、会社では聞けないようなことを教えてくれたりします。まさに、これぞ「ノミニケーション」と言えるのではないでしょうか。【”ノミニケーシ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る