居酒屋選びHOWTO

居酒屋選びHOWTO記事一覧

居酒屋のあたらしい形 その1

さて、最後にみなさんに書き残しておきたいことが、今後の居酒屋はどうなっていくか?ということです。居酒屋業界にもはやり、すたれが存在します。たとえば、最近では「激安」を売りにした居酒屋が多数登場しました。290円のビールは当たり前、おつまみなどもすべてこの程度の値段で提供するというものです。原材料の価格がとんでもなく安いから、このようなことが可能になる訳ですが、まぁそれはおいておいて、これは一種の「はやり」でした。しかし、そんな激安居酒屋も最近ではすでに経営が厳しいようです。では、次のブームななんなのでしょうか。それは、一般に「付加価値」をつけた居酒屋だと言われています。客は激安には慣れてしまっ...
続きはコチラ

居酒屋のあたらしい形 その2

エコ居酒屋とはなんなのでしょうか?震災に次ぐ、原発事故で、日本の食の安全は根底から覆されました。そもそも居酒屋に出回っているのは、中国産などの激安食材なのですが、多くがそんなことを知らないため、「食材は大丈夫か?」「どこが産地なのだ」という要求がはいってくるのです。当然、居酒屋は日本産をつかっていませんので、そもそも関係ないのですが、「汚染が危惧されている産地ではありません」という他ないです。「中国産」は「放射能汚染地域産」に負けるとも劣らない悪印象をもたれていますからね。そんななか、人気をだしているのが「有機野菜居酒屋」「産地限定居酒屋」などです。これらは、安全やエコを付加価値として客にサー...
続きはコチラ

居酒屋のあたらしい形 その3

さて、次に、居酒屋のあたらしい形、、、というよりは、今後どうなるかという話になってしまいます。それはきたるべき「高齢化社会」です。皆様ご存知のとおり、日本国は、すでに超高齢化時代をむかえています。具体的には、高齢者の数が3500万人という数値です。これは、3人に1人です。3人に1人が65歳以上なのです。そして、総人口は少子化にともなって、どんどん減少していきます。つまり、高齢者の比率は格段にあがっていきます。2050年には、二人に一人です。想像するだけで恐ろしい社会です。でもこれは避けられない現実です。確実にこういう時代がやってきます。そうなったとき、居酒屋はどうなるのでしょうか?没頭にご紹介...
続きはコチラ

大手チェーン店を知る その2

前回に続いて、「大手チェーン店を知る」第二回です。お次はコロワイドです。http://www.colowide.co.jp/コロワイド社の経営する居酒屋は以下のような者があります。・北海道・甘太郎・えこひいき・NIJYU-MARU・いろはにほへと・三間堂・一瑳・贔屓屋・海へ・TAPA・春花秋灯・虎之介こちらも様々な居酒屋を展開しています。特に北海道や甘太郎は有名ですし、私も利用したことがあります。どこが経営しているか?が、なぜ重要かといいますと、グループ傘下の店は、「はずれ」がない、ことが大きな理由です。たとえば、これらの店の一つで食中毒がおこったとします。それは、グループ全体の被害に及ぶこと...
続きはコチラ

大手チェーン店を知る その3

前回に続いて、「大手チェーン店を知る」第三回です。続いては大庄グループです。彼らの運営している居酒屋には、次のようなものがあります。・庄や・やるき茶屋・日本海庄や・結・歌うんだ村・築地日本海・榮太郎・マ・メゾンさて、やはり庄やグループの特徴は、「安さ」と「海鮮」ですね。私も好きな居酒屋グループのひとつです。大きなグループの長所のもう一つは、居酒屋としての経験が豊富な点です。長年、日本の宴会を支え続けてきただけあって、多少のことではブレません。学生の頃に、飲み会を催して、大騒ぎしたときも、店員さんの対応には目を見張るものがありました。本当はあってはいけないのですが、酔いつぶれた学生を一緒に解放し...
続きはコチラ

ステマに注意

さて、ここでは居酒屋の評判にはかかすことのできないステマこと、ステルスマーケットについてです。ここには、資本主義社会の悪い点が見え隠れしてしまいます。ステルスマーケットとは、「食べログ」などの飲食店口コミサイトの評判を、お金を払って雇われた人間に評価させる、というものです。ステマ対策がなかった時代は、このステマによって、たいしたことのない店が、一気に「高評価」されて、客から不満がでるということから発覚しました。ステマは、こういった評価サイトだけでなく、ウェブや雑誌、広告全般にわたります。しかし、これは違法ではなく、れっきとした経済活動の一環です。(利用規約違反ではありますが。)このため、ステマ...
続きはコチラ

店長さんを見極めよう

さて、他にもいろいろあります、いい居酒屋を見分けるコツ。続いては、店員さんです。私のいう、店員さんとは、入って何ヶ月たったのか不明なアルバイトのことではありません。アルバイトは、大学生の趣味のようなものですから、なかには有能な方もいらっしゃるでしょう。しかし、彼らはあくまで大学生活の一環として、社会勉強として、お金を稼ぐ手段として真面目に勤務をしているだけで、その居酒屋にいつくわけではないのです。先にも申し上げた通り、飲食の労働力は大部分をアルバイトにかけていますので、彼らが辞めれば、次を雇う、といういたってシンプルな仕組みになっています。従って、店の価値を問う判断材料としては魅力に欠けます。...
続きはコチラ

その他の居酒屋をみわけるコツ

大手居酒屋チェーン店についてはお話ししてきたので、ほかのチェーンもみてみましょうか。実際、大きなチェーン展開の傘下の店かどうかは、その居酒屋のホームページをみるか、もしくは店員さんに給料の支払い元をきいてみればはっきりします。中小はほんとに様々です。その土地に土着の居酒屋で、規模は大きくなくても街の人にあいされているものや、若者が勇んで新規立ち上げをしたものや、つぶれる寸前でなんとかもちこたえているものなど。そのため、どのような点で「いい店」を見極めるか、が大事になってきます。一番の目安は「繁盛しているか?」ですね。そこが人気店ならば、客が離れていかないだけの工夫をこらしているはずです。具体的...
続きはコチラ

繁盛しているか?が目安

「いい店は繁盛している店だ」これは、どんな場合においても真となる言葉です。繁盛していない店で、いい店はあるかもしれませんが、はずれもあります。逆に、繁盛している店で悪い店は探すほうが難しいでしょう。繁盛している、の定義は、「流行」というキーワードも絡んできます。たとえば、居酒屋の中に「生け簀」を構えた店が一時期繁盛していました。一時のブームは過ぎ去ったものの、元祖「生け簀」の店はいまだに繁盛しているそうです。逆につぶれていったのは、「生け簀」を模倣した居酒屋でしたね。いい店はほんとによく繁盛しています。むしろ、一人の客としては人気がなくなってほしいくらいです。笑では、繁盛していない店はどのよう...
続きはコチラ

飲み会で使う居酒屋選びのコツ

飲み会で使う居酒屋選びを任されたら、お店の選別にかなり迷ってしまう方も多いでしょう。利用する居酒屋次第で飲み会の盛り上がり度が変わってくる事もあるので、思っている以上に責任が重いからです。飲み会と一口にいっても色々なシチュエーションがありますが、会社の上司や同僚と飲みに行く場合のお店選びのポイントについてみていきましょう。同じ会社の人と飲み会をするときは、基本的に会社の近くにしたほうが都合がいいと思います。会社から離れているお店を選んでもいいのですが、場所によっては参加を渋ってしまう方もいるかもしれないからです。もう一つはお酒の種類が豊富であることです。会社では飲み会のメンバーによってはかなり...
続きはコチラ

ソーシャルクーポンに注意

もうひとつ私が危惧しているのが、ソーシャルクーポンの登場です。登場したての頃は、より洗練されたものでした。しかし、現在はサービスの質が非常に悪くなっていると感じています。ソーシャルクーポンとは、共同購入を前提として、一人頭の料金を格安にすることが魅力のネットサービスでした。これが居酒屋になると、たとえば、むこう3ヶ月間の予約できる権利を客が買い、店には事前にその分のお金が入るという仕組みです。店は客の人数があらかじめ確保できるため(料金が前払いになる)、あとは安心して料理を提供するだけです。しかし、問題はクーポンサイトの営業体質と、それに乗っかる居酒屋の経営者の考えにあります。なかにはかなり悪...
続きはコチラ

合コンではゲームや会話を楽しめる個室を

合コンに対する考え方は人それぞれですが、一般論をぶちまけてしまえば、お酒やお料理を仲良く楽しむというよりは、若い人の間のトレンドについて語り合ったり、何らかのゲームをして楽しんだりということのほうが、「合コン」としては成功する確率が高いのではないかと考えられます。そんなとき、まさか一般的な居酒屋などのオープンな客室で大騒ぎするわけにもいかないですから、やはり合コンのときには「個室」を利用するのが得策であると言えるでしょう。ではどんな個室がよいかということになりますが、これは当然「会話やゲームにふさわしい個室」ということになると言えます。まずは、周りの目が気にならないこと、そして自分たちの声で周...
続きはコチラ

宴会は個室が基本

おそらく人によって「宴会」のイメージは大きく異なるとは思いますが、飲食店を利用して宴会を行う場合には、やはり他のお客さんと一緒のオープンな客室ではなく、個室を利用することになると思います。というか、やはり宴会をするならば、個室が基本になるはずです。宴会では、まずは大騒ぎになったときに他のお客さんの迷惑にならない必要があります。特に大人数がそろったときには、その声のボリュームは相当なものになるのではないかということが予測されます。ですから、できるだけ他のお客さんの迷惑にならないように、個室を利用することが多いです。また、他のお客さんが大声で話している、笑っているなどというケースも珍しくないのが居...
続きはコチラ

チェーン店居酒屋での楽しみ方。

街にはチェーン店の居酒屋ってたくさんあります。どこかの居酒屋に行こうと思ったら、チェーン店になってしまうぐらい多いです。チェーン店の居酒屋に入ることになった時でも楽しめるコツがというのが実はあります。それは、そのチェーン店ならではのオリジナルメニューを食べてみること。一見同じようなメニューでも、意識してメニューを見てみると魅力的な料理がたくさんあるのです。例えば、居酒屋に入ったら、まずサラダを食べますよね。サラダってその店のこだわりがもっとも出てくる料理なんです。あるチェーン店では、一見普通の大根サラダなのですが、大根の細切りに玉ねぎのスライス、それにパウダーチーズをトッピングしているのです。...
続きはコチラ

コンパで使うお店選び

学生も20歳になったらお酒が飲めるようになりますので、合コンやゼミのコンパなどで飲み会を開くことが多々出てくるでしょう。もしもコンパの幹事を任されてしまったときは、何を基準にお店選びをしたらよいのでしょうか。まずはメンバーの確認を行います。万が一未成年者が含まれていることも考えられるので、事前にそれを調べておきます。次に予算を決めましょう。大学生や専門学校生にもなると、自宅から通えず一人暮らしをしながら学校に通っている生徒も増えます。そうなると当然自宅通学の生徒よりも自由に使用できるお金は少なくなりがちですから、どのくらいの予算ならコンパに参加できるのかを参加者に聞いてみるといいでしょう。ある...
続きはコチラ

デートで使うお店は相手に好みを聞いてから

デートで使用するお店といえば、ちょっと気取ったフレンチレストラン、夜景のきれいなレストランが定番でしたが、今居酒屋でデートを楽しむカップルが増えています。居酒屋でも夜景がきれいに見える場所にあったり、雰囲気のいいお店、料理自慢の店などデートにつかえる要素を兼ね備えているお店が増えてきたからです。デートで使用する居酒屋を選ぶときのコツを紹介していきます。デートで使うときは個室のある居酒屋を選ぶのがおすすめです。2人だけの空間のほうが、親密度が高くなりますし、周りの目を気にすることなくデートを楽しめるからです。基本的にデートで使うお店を選ぶ時は、女性の目線で選んであげた方がデートが盛りあがる可能性...
続きはコチラ

合コンのお店は女性目線で選ぶ

合コンでは新しい異性との出会いがあります。合コンを行う場所は主に居酒屋ですが、お店を選ぶときには基本的には男性目線ではなく女性が喜びそうなお店を選んだ方が合コンが盛りあがりやすくなります。男性と違って女性は雰囲気や料理、お酒、お店の内装や清潔感といった細かいところまでこだわりがあります。それなので待ち合わせ場所のお店に来てそのお店に入った瞬間に、合コンが楽しめそうかどうかを瞬時に判断する方も中にはいるわけです。女性が喜びそうなお店がよくわからないという方は、女子会プランを提供しているお店の中から絞り込むといいかもしれません。女子会プランを提供しているようなお店は、女性が好きそうな内装や雰囲気を...
続きはコチラ

居酒屋を一人で楽しむにはどうしたらいいでしょうか?

一人カラオケとか一人焼肉といったものが流行っています。友達がいないわけではないけれど、たまには一人になりたいといった方が増えているからだと思います。一人で呑みたいと思った時に、入ることができる店って意外に少ないと思いませんか?一見、個人で営業している小さい居酒屋がいいのかなと思ったことがあるのですが、実際に入ってみると狭い店内に店主と二人っきりになってしまい、結局一人呑みにはならなかったということもあります。店主と二人きりで何も話さないというのは、逆に居心地が良くないのです。一人呑みでも居心地よく過ごせるには、お店の雰囲気が大切なポイント。具体的には、席の配置によって決まってしまうのです。チェ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る