居酒屋・サラリーマン

居酒屋・サラリーマン

サラリーマンをその行動パターンから眺めたとき、「この人種は仕事帰りによく飲み屋に寄る動物である」というふうにて定義づけることができるのではないでしょうか。そう言えるほど、サラリーマンには仕事が終わってもまっすぐ家に帰らず、その前に飲み屋に立ち寄ることを習性にしている人が多いのです。

 

 

 

なぜでしょうか。夕飯と家族が待っている我が家へ、なぜすぐに帰らないのでしょうか。飲み屋に立ち寄ることは家に帰ることより意味があることなのでしょうか。こういうふうに問うと、おそらく多くの人は「そうだ」と答えるに違いありません。同じ飲むにしても、家で飲むより、外で飲む方がよほど楽しいからではないでしょうか。

 

 

 

【サラリーマンが仕事帰りに”ちょっと一杯”と飲み屋に寄る訳は?】サラリーマンとはストレスの多い商売です。会社の業績があまり良くない最近のご時世では、個人ひとりひとりの業績に対しての風当たりは以前にも増して強くなっています。いま一部の会社には、かつての窓際族ならぬ「社内失業者」と呼ばれる人たちがいると言われています。

 

立川 居酒屋なら串揚げ えん

 

つまり会社から「必要ないからいつ辞めてもいいですよ」と言われている人たちです。長引く不景気でこういう人たちの数がどんどん増えているのです。そういった人たちにとって、毎日の会社通いによるストレスは大変なものなのです。そんなひどい待遇を受けても家族のことを考えると、おいそれと辞表を出す訳にはいかないからです。そのストレスを少しでも癒して家に帰ろうと、今日もまた”ちょっと一杯”となるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る