居酒屋・ノミニケーション

居酒屋・ノミニケーション

サラリーマンの楽しみはなんと言っても”仕事帰りの一杯”ではないでしょうか。中にはこの楽しみがあるから辛いサラリーマンが続けられるのだ、という人さえいるようです。一緒に行く相手はいろいろで、仲の良い同僚とか、同じ部署の上司とか、あるいは気の置けない間柄の部下とか、様々な組み合わせになるのではないでしょうか。

 

 

 

中でも一番気楽なのは仲の良い同僚と一緒のときではないでしょうか。お互いに気心もよく知れていて、なんでも言いたい放題で楽しいこと請け合いです。また上司と一緒のときは、会社では聞けないようなことを教えてくれたりします。

 

貸切パーティならB/65536

 

まさに、これぞ「ノミニケーション」と言えるのではないでしょうか。【”ノミニケーション”とは誰が言い出したのかは知らないが、じつに名言である】それにしても”ノミニケーション”とは名言ではありませんか。いったい誰が最初に言いだしたのでしょう。別に流行語大賞を受けたとも聞きませんが、今だと受賞間違いないと言えるのではないのでしょうか。

 

川崎で評判の居酒屋

 

もちろんコミュニケーションをもじった言葉であるに違いないのですが、場合によってはコミュニュケーションより使い勝手がいい言葉ではないでしょうか。これら2つの言葉は時間によって使い分けもできたりします。つまり昼間はコミュニケーションをよくはかり、夜は「飲みにケーション」でさらに関係を深めるというふうにです。もっとも昼間のコミュニケーションと違って、夜の「ノミニケーション」には、お金がかかることが多少ネックである、とも言えるのですが。


このページの先頭へ戻る