繁盛しているか?が目安

繁盛しているか?が目安

「いい店は繁盛している店だ」

 

梅田で飲み会につかえる個室居酒屋

 

これは、どんな場合においても真となる言葉です。
繁盛していない店で、いい店はあるかもしれませんが、
はずれもあります。逆に、繁盛している店で悪い店は
探すほうが難しいでしょう。

 

 

 

繁盛している、の定義は、「流行」というキーワードも
絡んできます。たとえば、居酒屋の中に「生け簀」を構えた
店が一時期繁盛していました。一時のブームは過ぎ去ったものの、
元祖「生け簀」の店はいまだに繁盛しているそうです。
逆につぶれていったのは、「生け簀」を模倣した居酒屋でしたね。

 

 

 

いい店はほんとによく繁盛しています。むしろ、一人の客としては
人気がなくなってほしいくらいです。笑

 

では、繁盛していない店はどのような店でしょうか。
それは、入って、誰も客が入っていない店です。
これは、明らかに避けた方がよいでしょう。
「いい店かもしれない」、たしかにそうです。いい店かも知れません。
しかし、居酒屋によくいっている人ほどわかるのです。
人が入っていない店にいい店はない、と。

 

いっぱいあって迷いますが難波 居酒屋はおすすめです。

 

居酒屋経営にかかる経費をご存知でしょうか。
居酒屋は、人件費と賃料に大半のお金がかかります。
人が集まるいい場所をとるためには、それなりの賃料が
かかります。
また、人件費は一人ふやすだけで2、30万円かかりますので、
増やすか増やさないかはかなり大きな経営判断になるわけです。

 

いっぱいあって迷いますが新宿 居酒屋はおすすめです。

 

また、居酒屋の人材は、多くをアルバイトに頼っています。
彼らの労働力は、居酒屋にとって大きな魅力なのです。

 

そこで、繁盛していない店は、当然店員さんが少ないはずです。
逆に、立ち寄ったときに空いていても、店員さんがいっぱい
たっている店は繁盛している、それだけの店員さんを養っていける
良い店だという可能性が大きい訳です。

 


このページの先頭へ戻る