飲み放題でたっぷり呑みたい。

飲み放題でたっぷり呑みたい。

 
親しい仲間と呑み会をしようと思った時、まず頭に浮かぶのが飲み放題。
飲み放題の良さは、なんといっても気軽なこと。
ドリンク類は飲み放題メニューから選んでもらえばいいですし、料理もコースなので注文しなくてもいい。

 

といっても、最大のメリットは金額が固定されること。
幹事さんにとっては、いくらかかるのかが事前にわかるのが助かりますよね。

 

アルコールをたくさん飲む男性がいると、総額でいくらかかるのか見当もつきません。
お客さん側にとって多くのメリットがある飲み放題ですが、実はお店側にとってみても飲み放題はありがたいシステムだというのをご存知ですか?

 

たくさん飲まれてしまうと一方的にお店側が損をするかのように思われがちですが、実はそうではありません。
ドリンク類には原価率というものがあって、お店側が儲からない商品は生ビール。
生ビールは原価率が高いので、たくさん飲まれてしまうとお店としては困ってしまうのです。

 

それでも、グループ全員が生ビールばかりということはありませんよね。乾杯だけ生ビールで、あとはソフトドリンクやサワーというのが普通だと思います。
ソフトドリンクやサワーはお店にとっては儲かる商品。
どれだけ注文されても大丈夫です。

 

飲み放題では、サワーを薄めに作っているのでは?という疑問をお持ちの方もいるかもしれませんが、そういったことは普通はしていません。
なぜかというと、サワー一杯の原価率はそんな小細工をしなくても十分に低いので元は取れているからです。
お客さん側にもお店側にもメリットがいっぱいの飲み放題。

 

これからも、どんどん利用したいですね。


このページの先頭へ戻る